発注・納品・受領・請求・支払明細などの
業務スピードが加速します。
中小企業共通EDI準拠
クラウド型XML-EDIサービス
EcoChange

EDIとは

EDI(Electronic Data Interchangeの略)
「電子データ交換」のことで、異なる企業間で、商取引のためのデータを交換する仕組みのことを言います。
このページの先頭へ

EcoChange

EcoChangeは簡単・便利・低コストを目指し、中小企業に最適化、標準化したEDIです。
注文、注文請け、請求をはじめ、8つのビジネスプロセスメッセージに対応しています。
  1. 導入メリット
    1

    入力ミス低減 業務効率化を実現

  2. 導入メリット
    2

    情報の利活用促進

  3. 導入メリット
    3

    人手不足や業務の属人化を解消

このページの先頭へ

特徴

  • EcoChangeは国連CEFACTの国際EDIに準拠したクラウド型XML-EDI。
  • 中小企業庁が推奨する中小企業共通EDI準拠。
  • 多端末問題、多画面問題を解決するシングルウィンドウ・シングルインターフェイスを実現
  • 基幹システムや各種アプリケーションとのシームレスな連携を実現。
  • クラウドサービスによる提供。
  • OBC「商蔵奉行」、PCA「商魂」「商管」とシームレスな連携が可能です。
  • iOSに対応。いつでもどこでも受発注データのチェックと発注業務が行えます。
  • FAXとの共存が可能なハイブリットEDI。
    ※オプション。詳細はこちら。
  • 全銀EDIシステム(ZEDI)連携。売掛金自動消込など経理業務の効率化を実現。
    ※オプション。詳細はこちら。
このページの先頭へ

機能概要

自動インストール機能 EcoChangeを起動後、自動インストール機能により、ご使用のクライアントへインストールが行われます。
自動でインストール/アップデートされるため、意識することなく常に最新版をご利用できます。
各種設定情報はサーバーに保存されるため、ご使用のクライアントは制限されません。
自動処理機能 自動印刷機能で、FAXの代わりとして使用できます。
注文情報をCSVデータとして自動取得できます。
自動連携機能 基幹システムとEcoChangeの自動連携に伴う、改修コストが軽微です。
トランスレータ機能 マッピング機能で、自社情報の変更は最小限に抑えることができます。
ファイル添付とメール機能 注文情報に仕様書・CAD図面などのファイルを添付できます。
注文情報をアップロードする際に、仕入先に注文情報送信の通知メールが送信されます。
注文情報にコメントを付加できます。
このページの先頭へ

使用フォーマット

取引先のデータを同一形式(自社用)のCSV、Excel、またはXMLとして扱うことができます。
このページの先頭へ

動作環境

EcoChangeクライアント動作要件

区分 推奨要件 備考
インターネット回線
PC CPU •Intel Core i Series 以上 推奨
メモリ •2GB以上
HDD •10GB以上
OS •Windows7以降推奨 (Linuxでも稼働実績あり)
ソフトウェア Java •バージョン8(最新版を推奨)
Acrobat Reader •バージョン7以降(PDF帳票発行時のみ必要)
プリンタ •PDF帳票を印刷する場合に必要

Mobile EcoChange動作要件

区分 動作要件 内容
iPad iOS iOS8以降
本体ストレージ容量 空き容量100MB以上
本体画面サイズ 7.9インチ、768×1024以上
このページの先頭へ

システム構成