EcoChangeとは

簡単・便利・低コストを目指し大手・中堅から中小企業までの受発注業務に最適化、標準化したEDIです。インターネット回線を利用しているので、2024年の通信回線のIP網移行にも対応しています。大企業・中堅企業においても中小企業との受発注では未だFAXが使われているのが現状です。このような状況の中、FAXに代わり受発注業務のデジタル化を実現するのがEcoChangeです。EcoChangeがあれば、クラウド・オンプレ問わず、貴社基幹システムとシームレスに連携できます。また、取引先のデータを同一形式(自社用)のCSV、Excel、またはXMLとしてダウンロードすることができます。EcoChangeの利用料金は従量課金制です。年額費用固定化プラン(別名:EcoChange Lite)のご用意もございます。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

バイヤー側 メイン画面
バイヤー側 注文情報送信画面



EcoChangeの特徴

  • EcoChangeは国連CEFACTの国際EDIに準拠したクラウド型XML-EDI。
  • 多端末問題、多画面問題を解決するシングルウィンドウ・シングルインターフェイスを実現
  • 基幹システムや各種アプリケーションとのシームレスな連携を実現。
  • クラウドサービスによる提供。
  • 電子帳簿保存法上の電子データ保存要件に対応。
  • OBC「商蔵奉行」、応研「大臣エンタープライズ」を始め中小企業共通EDIに準拠した業務アプリとの連携が可能。
    連携アプリケーション一覧はこちら
  • 全銀EDIシステム(ZEDI)連携。売掛金自動消込など経理業務の効率化を実現。
    EcoChange for ZEDIについてはこちら



機能概要

自動インストール機能 EcoChangeを起動後、自動インストール機能により、ご使用のクライアントへインストールが行われます。
自動でインストール/アップデートされるため、意識することなく常に最新版をご利用できます。
各種設定情報はサーバーに保存されるため、ご使用のクライアントは制限されません。
自動処理機能 自動印刷機能で、FAXの代わりとして使用できます。
注文情報をCSVデータとして自動取得できます。
自動連携機能 基幹システムとEcoChangeの自動連携に伴う、改修コストが軽微です。
トランスレータ機能 マッピング機能で、自社情報の変更は最小限に抑えることができます。
ファイル添付とメール機能 注文情報に仕様書・CAD図面などのファイルを添付できます。
注文情報をアップロードする際に、仕入先に注文情報送信の通知メールが送信されます。
注文情報にコメントを付加できます。



EcoChangeクライアント動作要件

区分 推奨要件 備考
インターネット回線
PC CPU •Intel Core i Series 以上 推奨
メモリ •2GB以上
HDD •100MB以上(EcoChange動作必要容量)
※別途EDIデータのダウンロード領域が必要
OS •Microsoft Windows8.1, 10, 11 64bit(日本語・英語)
※Linuxで動作させる場合は別途ご相談ください
ソフトウェア pdfビューワー
(帳票発行時のみ必要)
•Adobe Acrobat Reader
•Microsoft Edge
プリンタ •PDF帳票を印刷する場合に必要



料金プラン

従量課金制プランと年額費用固定化プランをご用意しております。支払方法だけ異なっており、両プランともご利用いただける機能、オプションは同じです。お客様のご要望に合わせて最適なプランをご提案させていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

従量課金制プラン – EcoChange

月額費用が従量課金制です。送信する明細数に応じて月額費用が変動します。
詳しい料金表はこちら

年額費用固定化プラン – EcoChange Lite

年額費用が固定化されています。そのため、送信する明細数に応じて利用料が変動することはありません。
詳しい料金表はこちら



EcoChange紹介動画