受発注情報をデジタルデータで再利用
手作業を軽減させ、業務の属人化を解消

改正電子帳簿保存法に対応
電子データ保存の義務化に布石を打つ

業務アプリケーションとデータ連携を実現
取引情報を一気通貫にデジタル化へ

POINT

EDIサービス『EcoChange』はDXの第一歩! 電話、FAX、メール等の人手を介した煩雑な作業がなくなり、作業の効率化を実現。

POINT

改正電子帳簿保存法に対応!社会の変化に合わせてサービス改良に努め続け、お客様の業務を安全サポート

POINT

多種多様なアプリケーションと連携可能!取引情報の作成からシームレスに送信まで完全デジタル化できる

「中小企業共通EDI準拠」認定

認証登録番号:2304P_007

EcoChangeはITC協会の中小企業共通EDI標準仕様準拠製品・サービス認証制度において、
共通EDIプロバイダとして、第1回公募ではver.3対応版認証、また第4回公募ではver.4.2対応版認証を取得しました。
中小企業共通EDIとは、中小企業様向けに簡単・便利・低コストを目指した取引データの企業間交換の仕組み(EDI)です。

共通EDI対応製品・サービスの認証制度について

EcoChangeと業務アプリケーションをデータ連携
情報の2重入力が不要になり、転記ミスが軽減

EcoChangeは貴社の基幹システムとシームレスに連携することで、FAX・紙伝票・電話を使用した受発注作業を行う必要がなくなります。
作業効率が上がり、人件費・消耗品費の削減につながります。

連携アプリケーション一覧
電子帳簿保存法に対応!EcoChangeとは?
簡単・便利・低コストを目指し大手・中堅から中小企業までの受発注業務に最適化、標準化したEDIです。インターネット回線を利用しているので、2024年の通信回線のIP網移行にも対応しています。大企業・中堅企業においても中小企業との受発注では未だFAXが使われているのが現状です。このような状況の中、FAXに代わり受発注業務のデジタル化を実現するのがEcoChangeです。また、電子帳簿保存法上の電子データ保存要件に対応しているEDIサービスです。EcoChangeがあれば、クラウド・オンプレ問わず、基幹システムとシームレスに連携できます。

EcoChangeについて

EcoChange for ZEDI
ZEDIとは、日本国内の企業間決済における総合振込及び、それに係る振込通知、入出金取引明細通知などの情報を拡張性に優れたXML形式の電文で送信できるようにするための金融EDIシステム(愛称:ZEDI)です。
EcoChange for ZEDIはZEDIと連携し、経理の業務効率化を図るためのEcoChangeのオプション機能です。EcoChange for ZEDIを利用することにより、振込、入金照会、消込などの経理業務にEcoChangeでやりとりしたEDI情報をそのまま活用することができ、請求書作成・発行、入金確認、問合せ対応、売掛金消込などの業務負荷が軽減します。

EcoChange for ZEDIについて

導入事例

導入事例一覧
  1. 宮地電機株式会社 様

    2014年からEcoChangeに切替え、サプライヤともスムーズに連携し、 発注・...

  2. 株式会社フジデン 様

    メールやFAXでの注文で発生する通信費や用紙代のランニングコストをEcoChange...